Bethel Church Sermon of the Week

Good podcast? Give it some love!

Best Episodes of Bethel Church Sermon of the Week

Mark All
Search Episodes...
箴言3:5〜12  箴言の3章5〜12は私が子供の頃に祖母がいつも暗唱していた聖句なので、早い時から私の考え方の核になったのですが、今日はここから話したいとおもいます。5節、心でつかんだ事柄の方が思いの中にある事より影響があります。思い、知性を過小評価するのではないのですが、心にある事の影響は大きいです。あなたが自分で神の事を全て説明できるならそれはあなたの思いの中の神であり、本当の神ではないのです。いつも人生に「理解しきれない、わからない」神の事柄がある事によって私たちは信頼をするのです、信仰で歩むのです。
箴言3:5〜12  箴言の3章5〜12は私が子供の頃に祖母がいつも暗唱していた聖句なので、早い時から私の考え方の核になったのですが、今日はここから話したいとおもいます。5節、心でつかんだ事柄の方が思いの中にある事より影響があります。思い、知性を過小評価するのではないのですが、心にある事の影響は大きいです。あなたが自分で神の事を全て説明できるならそれはあなたの思いの中の神であり、本当の神ではないのです。いつも人生に「理解しきれない、わからない」神の事柄がある事によって私たちは信頼をするのです、信仰で歩むのです。
マタイ14:22、23 使徒2:1  空間と場所という話をしましょう。私達の中の、また私達の外の空間と場所、また時間という事。 イエス様は周りの人々や押し寄せる状況などから、ご自身を離すことをされていました。マタイ14:22、23でも見られますが、イエス様はよく 山や荒野の静かな所に一人で行かれていました。そこで何をしていたかは誰も知りません、イエス様は一人で行かれたのです。 私達の人生で、一人きりになることを嫌う人や、苦手である人が多いと思いますが、イエス様が人から離れて、自分だけの時間と場所を持たれたのなら。私達にはどれだけ必要なのでしょう。主は全宇宙をかえるという偉大な働きをしておられ、忙しく、常に人がいる状態でしたが、選択によって一人きりの時間と場所を作られました。
マタイ14:22、23 使徒2:1  空間と場所という話をしましょう。私達の中の、また私達の外の空間と場所、また時間という事。 イエス様は周りの人々や押し寄せる状況などから、ご自身を離すことをされていました。マタイ14:22、23でも見られますが、イエス様はよく 山や荒野の静かな所に一人で行かれていました。そこで何をしていたかは誰も知りません、イエス様は一人で行かれたのです。 私達の人生で、一人きりになることを嫌う人や、苦手である人が多いと思いますが、イエス様が人から離れて、自分だけの時間と場所を持たれたのなら。私達にはどれだけ必要なのでしょう。主は全宇宙をかえるという偉大な働きをしておられ、忙しく、常に人がいる状態でしたが、選択によって一人きりの時間と場所を作られました。
使徒4:29、30。使徒19:23〜38、エペソ6:12  使徒の働きの大きな流れを見る時に、あるパターンを見つけます。 聖霊が注がれ、人々が加えられ、反対と迫害が起こり、それに忍耐することに成功した時に増化するということです。ペテロが宗教リーダー達に捕らえられ、投獄され、解放された後、教会はこう祈りました。「もっと大胆さを与えてください」彼らは政治的に非難され無いように祈らず、ますます「大変なこと」が起こるような祈りをしたのです。キリストの為に立ち続けるなら、非難や迫害は避けられ無いのです。 神は「論じる為の声」を立てました、それはパウロでした。 彼の知性と訓練は非常に卓越していて、救いのすぐ後にも、人々と、信仰やその当時の社会状況を論じていました。
使徒4:29、30。使徒19:23〜38、エペソ6:12  使徒の働きの大きな流れを見る時に、あるパターンを見つけます。 聖霊が注がれ、人々が加えられ、反対と迫害が起こり、それに忍耐することに成功した時に増化するということです。ペテロが宗教リーダー達に捕らえられ、投獄され、解放された後、教会はこう祈りました。「もっと大胆さを与えてください」彼らは政治的に非難され無いように祈らず、ますます「大変なこと」が起こるような祈りをしたのです。キリストの為に立ち続けるなら、非難や迫害は避けられ無いのです。 神は「論じる為の声」を立てました、それはパウロでした。 彼の知性と訓練は非常に卓越していて、救いのすぐ後にも、人々と、信仰やその当時の社会状況を論じていました。
今日は父の日ですから、「父達を解き放ち、天の父を現す」事を分かち合います。「父の日」と聞いた時に、多くの異なる事をそれぞれの人は考えます。 痛みや、苦しみ、喜び。または、自分は良い父ではない、失敗した父だと思う人もいるでしょう。 イエスは子として、父を現す為に来られました。私達も子として、天の父を現す事を役目として受け取っています。 敵の嘘を信じる事によって、私達が偉大な父達になる事は妨げられています。ですから、今日はその嘘を捨てる時です。
今日は父の日ですから、「父達を解き放ち、天の父を現す」事を分かち合います。「父の日」と聞いた時に、多くの異なる事をそれぞれの人は考えます。 痛みや、苦しみ、喜び。または、自分は良い父ではない、失敗した父だと思う人もいるでしょう。 イエスは子として、父を現す為に来られました。私達も子として、天の父を現す事を役目として受け取っています。 敵の嘘を信じる事によって、私達が偉大な父達になる事は妨げられています。ですから、今日はその嘘を捨てる時です。
イザヤ60:18、62:10、詩篇8:2 、149:6  私達の戦い、霊的戦いは「肉と血に対してではなく、力、主権、暗闇の力」に対するものです。 私達が、主を賛美して、愛していけにえを捧げる時に主が立ち上がり、私達の敵に勝利し、私達に「あなたがたは勇士だ」というのです。喜ばしいことです。 イザヤ60:18 あなたの城壁を救いと呼ぼうとありますが、城壁はあなたを守る為です。安全の為。あなたは城壁の中にいるなら、悪魔が合法的にもっている。盗んで殺して破壊することから、敵の嘘に同意し無い限り守られます。これを新訳では、「救いのかぶと」と言います。ここでは、賛美は「門」とありますが、賛美は 栄光の王が入ってくることができる、主が来られるところです。 黙示録には「門」は真珠でできているとありますが、真珠は「不快」なことの中で生まれます。そのように、「不快」な時にあって、信仰によって、主の御人格をそこで賛美する時に「真珠」が作られているのです。
イザヤ60:18、62:10、詩篇8:2 、149:6  私達の戦い、霊的戦いは「肉と血に対してではなく、力、主権、暗闇の力」に対するものです。 私達が、主を賛美して、愛していけにえを捧げる時に主が立ち上がり、私達の敵に勝利し、私達に「あなたがたは勇士だ」というのです。喜ばしいことです。 イザヤ60:18 あなたの城壁を救いと呼ぼうとありますが、城壁はあなたを守る為です。安全の為。あなたは城壁の中にいるなら、悪魔が合法的にもっている。盗んで殺して破壊することから、敵の嘘に同意し無い限り守られます。これを新訳では、「救いのかぶと」と言います。ここでは、賛美は「門」とありますが、賛美は 栄光の王が入ってくることができる、主が来られるところです。 黙示録には「門」は真珠でできているとありますが、真珠は「不快」なことの中で生まれます。そのように、「不快」な時にあって、信仰によって、主の御人格をそこで賛美する時に「真珠」が作られているのです。
ヘブル11:6、ヤコブ 2:17、18   礼拝という言葉を説明しようとすれば、多くの意味がありますが、私は「神の心を喜ばせる事」だと思っています。だから、それは関係です。人を最も深く知っている人はその人に最も影響を与える事ができるように、神様と私達でも同じです。経験、出会うこと。私は礼拝の事は、両親から多くの影響を受けました、説明されて知ったというより、その文化の中にいて、受け取った、吸い取ったようなのです。礼拝が神の心に喜びを与える事ならば、信仰が不可欠です、信仰なしでは神を喜ばせる事はないからです。信仰は、行いが伴うのです。信条を信じていると頭で知っている事が聖書的な信仰ではなく、「行い」で信仰を表すのです。
ヨハネ4:23、24 礼拝とは、「賛美」をする立ち位置につくこと、賛美の心であること。なぜ礼拝をするのか、それは神様がふさわしい方であるから。神に礼拝されることが必要なのではなく、私達が主に捧げる賛美によって変えられるのです。私達が賛美の心から、礼拝をしないのなら、それは音とアクションにすぎない、賛美の心によってそれは礼拝になります。 ダビデは、羊飼いの時、敵から逃げている洞窟の中で主にあいました。礼拝していました、そして王になった時にも、心と思いと力を尽くして礼拝しました、だから、神は「私の心を追い求めるもの」と呼んだのでしょう。 手を上げて、礼拝することは、神様が私達の心地よい、慣れているゾーンから出て、もっと神様のいる場所に出てきて、会うことを招待しているとも思います。
ヨハネ4:23、24 礼拝とは、「賛美」をする立ち位置につくこと、賛美の心であること。なぜ礼拝をするのか、それは神様がふさわしい方であるから。神に礼拝されることが必要なのではなく、私達が主に捧げる賛美によって変えられるのです。私達が賛美の心から、礼拝をしないのなら、それは音とアクションにすぎない、賛美の心によってそれは礼拝になります。 ダビデは、羊飼いの時、敵から逃げている洞窟の中で主にあいました。礼拝していました、そして王になった時にも、心と思いと力を尽くして礼拝しました、だから、神は「私の心を追い求めるもの」と呼んだのでしょう。 手を上げて、礼拝することは、神様が私達の心地よい、慣れているゾーンから出て、もっと神様のいる場所に出てきて、会うことを招待しているとも思います。
エゼキエル44:15、16。詩篇100篇、出エジプト20:19 私達ベテル教会は、礼拝者として預言的な事柄や癒し、神の御声を聞く事を学んできました。そして、礼拝は私達の教会の土台であり、そこからすべての事は流れてきます。 私の父が70年代始めに、「神に向かって歌う」事を礼拝の教えのなかで、語りました。それまでは「神の事を歌う」賛美であったので、大きな移行になりました。 父なる神は礼拝者を求めているのです、礼拝ではなく、礼拝者です。神は愛なる方で、その動機はすべて愛です。その方が礼拝者を求めていて、私達をそのためのデザインで作られたのです。それは、私達にとっても礼拝は「御子の姿に変えられる」事を起こすからです。 感謝、賛美、礼拝、これらは同じではなく、感謝を捧げる事は、神が私達にすでにしてくださった、出来事を思い出し、感謝を捧げる事です。感謝の心を持つだけでなく、感謝を捧げる事は、「口に出す」必要があります。
エゼキエル44:15、16。詩篇100篇、出エジプト20:19 私達ベテル教会は、礼拝者として預言的な事柄や癒し、神の御声を聞く事を学んできました。そして、礼拝は私達の教会の土台であり、そこからすべての事は流れてきます。 私の父が70年代始めに、「神に向かって歌う」事を礼拝の教えのなかで、語りました。それまでは「神の事を歌う」賛美であったので、大きな移行になりました。 父なる神は礼拝者を求めているのです、礼拝ではなく、礼拝者です。神は愛なる方で、その動機はすべて愛です。その方が礼拝者を求めていて、私達をそのためのデザインで作られたのです。それは、私達にとっても礼拝は「御子の姿に変えられる」事を起こすからです。 感謝、賛美、礼拝、これらは同じではなく、感謝を捧げる事は、神が私達にすでにしてくださった、出来事を思い出し、感謝を捧げる事です。感謝の心を持つだけでなく、感謝を捧げる事は、「口に出す」必要があります。
ヨシュア1、3、6  今日は具体的に、4つの部分に特に打ち破りがある事を信じます。経済、関係、健康、ミニストリーです。多くの皆さんは、ベテル教会に夢やビジョンを持って、それらが実現するために犠牲を払ってこられています。私達、教会のスタッフは非常に感銘を受けていますし、またその皆さんを神の軍隊としてしっかりと、共に立ち、囲み、支えたいのです。 ダビデ王がウリヤを殺した時、彼はウリヤを戦場の最前線に送り、味方の軍隊を全て戻し、敵の軍隊にウリヤが殺されるようにしました。ウリヤは素晴らしい軍人でしたが、敵陣の前で立った一人で残され、勝利できる準備はなく、味方の軍隊と共に戦い勝利を収める人でした。 そのように私達も、皆さんがリスクを取り、大きな経済の捧げ物やビジョンの実現のための戦いに出る事を励まし、送り出し、そこからは支えないというようにしたくはないのです。ですから、後ほど時間をとって祈ります。
ヨシュア1、3、6  今日は具体的に、4つの部分に特に打ち破りがある事を信じます。経済、関係、健康、ミニストリーです。多くの皆さんは、ベテル教会に夢やビジョンを持って、それらが実現するために犠牲を払ってこられています。私達、教会のスタッフは非常に感銘を受けていますし、またその皆さんを神の軍隊としてしっかりと、共に立ち、囲み、支えたいのです。 ダビデ王がウリヤを殺した時、彼はウリヤを戦場の最前線に送り、味方の軍隊を全て戻し、敵の軍隊にウリヤが殺されるようにしました。ウリヤは素晴らしい軍人でしたが、敵陣の前で立った一人で残され、勝利できる準備はなく、味方の軍隊と共に戦い勝利を収める人でした。 そのように私達も、皆さんがリスクを取り、大きな経済の捧げ物やビジョンの実現のための戦いに出る事を励まし、送り出し、そこからは支えないというようにしたくはないのです。ですから、後ほど時間をとって祈ります。
マルコ10:35〜41、ルカ22:46、ヨハネ13:3、4 イエスは「誘惑に陥らないように祈っていなさい」といったように、私達も誘惑されるべきでないことに誘惑をされるならば、祈って主の臨在に入っていきましょう。 イエスが自分が神の子であって、神から来て、神の所にいかれる事を知った時に、しもべとして仕え、力つよい模範を示されました。神の子、息子は父の無限の資源にアクセスできる事を知っています、神の目的、使命をしっているので、希望を持って仕えます。息子は希望をもって、神の御国を地上で建て上げる為に仕えます。
マルコ10:35〜41、ルカ22:46、ヨハネ13:3、4 イエスは「誘惑に陥らないように祈っていなさい」といったように、私達も誘惑されるべきでないことに誘惑をされるならば、祈って主の臨在に入っていきましょう。 イエスが自分が神の子であって、神から来て、神の所にいかれる事を知った時に、しもべとして仕え、力つよい模範を示されました。神の子、息子は父の無限の資源にアクセスできる事を知っています、神の目的、使命をしっているので、希望を持って仕えます。息子は希望をもって、神の御国を地上で建て上げる為に仕えます。
ルカ23:44〜24:32 よみがえりの日曜日のメッセージです。神は人と共にいることを熱望しています。また神殿の幕は真っ二つに裂けた。神殿の幕が二つに裂けた時に、見えない領域 霊の領域において全てが変わりました。全く変わってしましました。人が罪によって作った巨大な淵、神と人を分ける距離がなくなったのです。46節、イエスは「我が霊を御手にゆだねます」と言います。イエスは命を「捧げられた、ゆだねられた」のです。誰もイエスの命を奪うことはできませんでした。 イエスの死、よみがえり、によって イエスは 究極の神殿、宮でのために唯一の生贄をささげられました。あなたがその究極の神殿です。あなたの内に聖霊は住まわれます。 イエスが死なれら時に、死は力を失いました。ですから、私たちにとって、死は最終ゴール、終わりではなく、第一部終了のようなものです。
ルカ23:44〜24:32 よみがえりの日曜日のメッセージです。神は人と共にいることを熱望しています。また神殿の幕は真っ二つに裂けた。神殿の幕が二つに裂けた時に、見えない領域 霊の領域において全てが変わりました。全く変わってしましました。人が罪によって作った巨大な淵、神と人を分ける距離がなくなったのです。46節、イエスは「我が霊を御手にゆだねます」と言います。イエスは命を「捧げられた、ゆだねられた」のです。誰もイエスの命を奪うことはできませんでした。 イエスの死、よみがえり、によって イエスは 究極の神殿、宮でのために唯一の生贄をささげられました。あなたがその究極の神殿です。あなたの内に聖霊は住まわれます。 イエスが死なれら時に、死は力を失いました。ですから、私たちにとって、死は最終ゴール、終わりではなく、第一部終了のようなものです。
ピリピ4:10〜13、コロサイ1:15〜17  パウロの書簡の中心には、いつでも「喜ぶ事」が書かれていると私は思います。。私が彼の人生を思って、それを考えると、非常に心に響きます。なぜなら、彼は福音を語ったが故に、精神的、肉体的にひどい迫害を受け、拒絶され人だからです。そしてピリピ書でも、貧しい中でも、富んだ中でも「満ち足りる事を学びました」と言っています。驚きます。 賛美は王が来られる為の道をスムーズにします。私の娘達が小さかった時に私が帰宅する車をみて、娘達が「パパが帰ってきた!!」とソファーから飛び上がって、私を呼ぶ声は私が部屋に入る事を早めました。感謝の心を働かせてください、それはイエス様をあるべき人生の中心に戻すものです。
ピリピ4:10〜13、コロサイ1:15〜17  パウロの書簡の中心には、いつでも「喜ぶ事」が書かれていると私は思います。。私が彼の人生を思って、それを考えると、非常に心に響きます。なぜなら、彼は福音を語ったが故に、精神的、肉体的にひどい迫害を受け、拒絶され人だからです。そしてピリピ書でも、貧しい中でも、富んだ中でも「満ち足りる事を学びました」と言っています。驚きます。 賛美は王が来られる為の道をスムーズにします。私の娘達が小さかった時に私が帰宅する車をみて、娘達が「パパが帰ってきた!!」とソファーから飛び上がって、私を呼ぶ声は私が部屋に入る事を早めました。感謝の心を働かせてください、それはイエス様をあるべき人生の中心に戻すものです。
ヨハネ13:2〜11、16:23、24  多くの考え、価値感、神学をまとめる幾つかの要素を「神学の礎石」と呼ぶ事を数年前に考えたのですが、今日はこの教会の家族の為の礎石のアイデア、そこから派生する4つの態度を話しましょう。 1つ目は神が良い方である事、2つ目は神とあるならば不可能な事はない事、3つ目は私達のすべての必要は十字架で支払われた、4つ目は私と私達は重要である事。このアイデアから派生する4つの態度とは、神が良いお方なので、私達は大きな夢を見る事を要求されている、そして神の内にあり不可能はないので、私達はリスクをとる。そして十字架ですべての必要は与えられたので、私たちは神を信頼する。
ヨハネ13:2〜11、16:23、24  多くの考え、価値感、神学をまとめる幾つかの要素を「神学の礎石」と呼ぶ事を数年前に考えたのですが、今日はこの教会の家族の為の礎石のアイデア、そこから派生する4つの態度を話しましょう。 1つ目は神が良い方である事、2つ目は神とあるならば不可能な事はない事、3つ目は私達のすべての必要は十字架で支払われた、4つ目は私と私達は重要である事。このアイデアから派生する4つの態度とは、神が良いお方なので、私達は大きな夢を見る事を要求されている、そして神の内にあり不可能はないので、私達はリスクをとる。そして十字架ですべての必要は与えられたので、私たちは神を信頼する。
Rate Podcast

Share This Podcast

Recommendation sent

Join Podchaser to...

  • Rate podcasts and episodes
  • Follow podcasts and creators
  • Create podcast and episode lists
  • & much more

Podcast Details

Created by
Bethel Church
Podcast Status
Hiatus/Finished
Started
Dec 7th, 2014
Latest Episode
Jul 19th, 2015
Release Period
Weekly
Episodes
41
Avg. Episode Length
41 minutes
Explicit
No
Language
Japanese

Podcast Tags

Do you host or manage this podcast?
Claim and edit this page to your liking.
Are we missing an episode or update?
Use this to check the RSS feed immediately.