Podchaser Logo
Episode from the podcastストレス社会を強く生きるための言葉「和尚の一喝」by大愚元勝

「今」を苦しめる「過去」からの脱却法

Released Sunday, 19th March 2017
Good episode? Give it some love!

何度も死のうとしました。

【相談者:Sさん/女性/20代】
私は小さい頃、両親から虐待を受けていました。
そのせいか、音と臭いに過剰に反応して生活しています。
いつもビクビクして、時にはパニックを起こします。
そして、私に障害が見つかりました。
もう20歳になりましたが、受け入れることが出来ず…引きこもっています。
発達障害と、精神障害で…2度の入院をしました。
薬も飲んでいますが、正直意味がないと思っています。
もちろん、何度も死のうとしました。
私は、すべて両親のせいだと思っています。
産まなければ、虐待をされなければと思うと、学校生活も上手くいったのかな?って…。
学校では、小学生から高校生までいじめにあってきました。
教師からもです…人間なんてクズです。
もちろん、私も。
人を殺そうとも思います。
全員死ねばいい、消えてしまえばいい。
でも…私には出来ない。
殺人事件のNEWSを見て思います…人が人を殺す世の中が、なんて醜いんだろうと…。
自分で命をたつ世界が、悲しいなって…。
人は醜い、汚れている。
変わってほしい…
相談なのかは自分でもわかりません。
ただ…苦しいんです。
虐待を受け、いじめにあって、障害をもっているからこそ…命の大切さがわかる。
でも、だからこそ辛く死にたいと考え1人で苦しんでいます。
相談したくても、どう話せばいいのかわからない。
難しくて…わからない。
こんな相談でごめんなさい。
このようなご相談をいただきました。
今回は、「過去」の出来事にとらわれず、
「今」を生きることの重要性について大愚和尚にお話をいただきました。
image